DSMエンジニアリングプラスチックス

ja

ダウンサイジングおよび小型化

私たちの経済が効率に重点を置くにつれて、産業界は、より薄く、軽く、小さいながらも同等またそれ以上の機能性を備えた製品を開発するようになってきました。

小さいほうがよい

より薄く、軽く、小さな部品をつくる

私たちの経済が効率に重点を置くにつれて、産業界は、より薄く、軽く、小さいながらも同等またそれ以上の機能性を備えた製品を開発するようになってきました。この傾向は、OEMが政府による厳しい熱量消費目標を達成するための努力を続けている自動車業界、そして各世代のスマートフォンが先代に比べ平均12%薄くなるエレクトロニクス業界において活発になっています。

より小さい部品とコンポーネントの開発は、バリューチェーン全体にわたって課題を生んでいます。これは製造に使用される素材に大きな需要をもたらす一方、設計者は新しい素材で機能性を再現するか、または複数の機能を1つの部品に統合する必要に迫られ、生産プロセスも完全に変化します。DSMではこれらの課題を機会として捉えています。

これこそが、私たちがお客様の固有の要件を満たす新しい素材グレードを開発し続ける原動力となっています。機能統合を可能にする素材であるか、薄肉設計で性能要件を満たせる素材であるかにかかわらず、私たちの幅広い素材のポートフォリオには、コンポーネントの数、スペース、高さ、コストの効率を達成するより小さな部品の設計を可能にするソリューションが含まれています。

Stanyl®ForTii®はSMTコネクターなど要求の厳しい用途に対応する高性能および高流動グレードをご用意しています。レーザーダイレクトストラクチャリング(LDS)のような技術も組み込むことができ、薄肉の3D射出成形プラスチック部品にエレクトロニクスの機能を統合することを可能にし、部品のサイズと複雑さをさらに低減します。

ダウンサイジング目標達成において私たちがどのようにお客様を支援できるかについてお問い合わせください。

詳細を見る

このサイトはクッキーを使用し、お客様のコンピューターに情報を保存しています。

詳細はこちら x