DSMエンジニアリングプラスチックス

ja_JP

バリアおよび透過

低分子量の化合物がプラスチックをどのようにして移動するかを理解することが多くの用途について重要です。

向こう側へ

多くの用途でバリア特性と透過特性のバランスを取る

低分子量の化合物がプラスチックをどのようにして移動するかを理解することが、多くの用途について重要です。バリア特性はより長期にわたって食品を新鮮に保つために使用できる一方、透過特性は長時間の手術において外科医が涼しく快適でいられるようにすることに役立ちます。素材と使用条件の関数としてバリア挙動と透過挙動を予測することが、効果的な部品を設計するうえで重要です。

私たちの幅広い素材ポートフォリオには、優れたバリア特性と透過特性で多様なニーズに対応するプラスチックが含まれています。私たちのArnitel®VT製品は、外科医を流動体から保護しながら快適に保つ医療ガウン向けに、液体に対するバリア特性と高度な通気性(水蒸気に対する透過性)を兼ね備えています。食品業界分野では、酸素がバリアを通過することを防ぐプラスチックフィルムによって、食品をより長期間にわたって新鮮に保つことに貢献しています。

Akulon®フューエル・ロックは、今日の燃料の低分子量成分に対する高いバリア特性を備え、屋外機器に使用される小型のガソリンタンク内のバリア層または表面コーティングの必要性を排除します。私たちはCAEを使った最小肉厚決定も含め、バリアおよび透過用途のすべての設計と生産を通してお客様をサポートしています。

バリアと透過に関する今後の課題について私たちがどのようにしてお客様を支援できるかについてお問い合わせください。

詳細を見る

このサイトはクッキーを使用し、お客様のコンピューターに情報を保存しています。

詳細はこちら x