DSMエンジニアリングプラスチックス

ja

劣化および安定性

車のボンネット内部は私たちが取り組んでいる環境の中で最も困難なものの一つです。それらの用途に使用される部品は高温、広範な温度域、腐食性化学薬品に曝されます。

圧力下でのパフォーマンス

最も困難な環境で安定した機械的特性を保証

車のボンネット内部は私たちが取り組んでいる環境の中で、最も難しい領域の一つです。それらの用途に使用される部品は高温、広範な温度域、腐食性化学薬品に曝されます。これらのいずれかに曝露された場合、プラスチックに対する有害な影響を及ぼし、機械的性能の低下につながることがあります。これらの用途における部品は安定した性能を備え、劣化を制限することで部品の信頼性を保証することが不可欠です。

私たちの熱可塑性プラスチックの幅広いポートフォリオには、油、グリース、強酸、水グリコールのいずれに曝されたかにかかわらず、優れた化学的安定性を発揮する製品が含まれています。私たちはまた、業界標準を30~40°C上回る連続使用温度で素材が優れた性能を発揮することを可能にする製品と技術を開発しました。これにより、最も困難な環境でも熱可塑性プラスチックが用途に求められる性能を発揮するという安心感をOEMと部品メーカーにもたらします。

私たちのDiablo技術(Stanyl®DiabloおよびAkulon®Diablo)、ならびにArnitel®HT素材は、高温への長期曝露に対応することを目的として特別に開発されたものです。私たちは、ラボでこれらの素材のテストを行っています。連続使用温度230°Cで5,000時間にわたるテストにおいて、劣化は最小限に留まっています。これらの素材は、統合吸気マニホールド、チャージドエアダクト、リゾネーターなどの部品の製造に最適です。

お客様の熱可塑性プラスチック部品が、最も困難な環境でも性能を発揮することを私たちがどのようにして可能にするか、お問い合わせください。

高温コンポーネントの高い基準を確立:DSMの新しいStanyl®およびAkulon®Diablo

エンジン設計者は、より小型で軽量、さらにパワフルなシステムを作るという課題を抱えています。DSMの革新的な素材はそれを可能にします。DSMのDiablo耐熱技術によって、Stanyl®PA46とAkulon®PA66は、世界トップのカーメーカーに選ばれる高温コンポーネントの新しい基準を確立しています。明日のエンジンについて、今日話しましょう

詳細を見る

このサイトはクッキーを使用し、お客様のコンピューターに情報を保存しています。

詳細はこちら x