DSMエンジニアリングプラスチックス

ja_JP

騒音、振動、およびハーシュネス

今日の車は、騒音規制が初めて導入され始めた1970年代の車に比べて90%静かになりました。またOEMは走行体験の向上をますます重視するようになっています。

静かさを競う

車両騒音を低減し安全性と走行体験を向上

今日の車は、騒音規制が初めて導入され始めた1970年代の車に比べて90%静かになりました。またOEMは、走行体験の向上をますます重視するようになっています。そのためには騒音、振動、ハーシュネス(NVH)の低減または排除が必要となります。低周波の道路騒音はドライバーの疲労を招くことが判明しており、自動車メーカーにとって聴覚的な制御が重要な目標となっています。

NVH性能は、部品の設計、素材特性、そして部品を取り巻く環境間の複雑な相互作用です。設計または素材、あるいはその両方を最適化することでNVHを改善することができます。私たちはこれまでにプラスチックのオイルパンの設計最適化を通してお客様をサポートした経験があります。結果的に、従来の金属設計に比べて明らかな改善につながりました。また別のお客様向けには、競合するソリューションに比べ、はるかに長期にわたって湿潤条件下でのCVJブーツのきしみ音を防止するための特別な素材ソリューションをArnitel®で開発しました。騒音、振動、ハーシュネスを低減することにおいて、私たちがどのようにしてお客様をサポートできるか、お問い合わせください。

詳細を見る

このサイトはクッキーを使用し、お客様のコンピューターに情報を保存しています。

詳細はこちら x