DSMエンジニアリングプラスチックス

ja_JP

磨耗および摩擦

自動車メーカーがより厳しい排ガス規制を満たす努力を続けている中で、エンジンとトランスミッションにおける磨耗と摩擦を低減することが重要な注力領域になっています。

厄介な問題

磨耗と摩擦の影響を低減する

自動車メーカーがより厳しい排ガス規制を満たす努力を続けている中で、エンジンとトランスミッションにおける磨耗と摩擦を低減することが重要な注力領域になっています。できる限り摩擦を減じることがエンジンのスムーズな動作と燃費向上につながります。私たちの研究チームは、高度な耐摩擦性と高温での低摩擦を実現する特殊なタイプの素材を開発するため、磨耗と摩擦がプラスチックに及ぼす影響を研究することで長年の経験を変化させてきました。それらのStanyl®グレードはエンジン・タイミング・システムのチェーン・テンショナーに最適で、ポリアミド66に比べ熱量消費を最大1%減少します。

Stanyl®は市販されているPA66に比べ摩擦係数が20%低く、エンジンオイルで潤滑した場合、あらゆるプラスチックの中で最低の摩擦を実現します。またエンジン・タイミング・システムにおいて、PA66に比べて最大7倍の期間にわたって最高の磨耗および疲労性能を提供します。この素材は高度の剛性と強度、ならびに優れた流動性によって、磨耗と摩擦が主な関心事である用途向けの私たちのポートフォリオに不可欠となっています。

重要部品における磨耗と摩擦を減じるうえで、私たちがどのようにしてお客様をサポートできるか、お問い合わせください。

詳細を見る

このサイトはクッキーを使用し、お客様のコンピューターに情報を保存しています。

詳細はこちら x