DSMエンジニアリングプラスチックス

ja

塗装および印刷

エンジニアリング・プラスチックで作られた新しい部品は、多くの場合、二次加工の工程を省略できるようにしたり、数を減らしたりすることを可能とします。一方、一部の部品は依然として塗装や印刷などの作業を必要とします。

印刷しましょう

印刷や塗装などの二次加工で、できる限り最高の結果を確かなものとします

エンジニアリング・プラスチックで作られた新しい部品は、多くの場合、二次加工の工程を省略できるようにしたり、数を減らしたりすることを可能とします。一方、一部の部品は依然として塗装や印刷などの作業を必要とします。私たちは信頼性が高く効果的な末端製品を確保するために検討中の特定グレードに関してお客様に提言を行います。

多くの部品は希望の色で直接成形することができる一方、以下を含む多くの理由から、塗装やコーティングが依然として使用されています。

  • 美しさ(基板の凹凸を隠すことや、隣接部品との色のマッチングが目的)
  • 化学物質、摩擦、UVへの耐性向上
  • 電気伝導性
  • 電磁遮蔽
  • スタイリングの汎用性
  • 製造上の利便性

塗料によっては一部のプラスチックの脆性に影響を及ぼす可能性があるため、選択された素材と部品の設計に応じて塗装に関する一通りの提言をお客様に提供しています。

エンジニアリング・プラスチックで作られた部品には、装飾パターン、ロゴ、文字などを印刷することができます。インクによっては衝撃荷重下で延性プラスチックの脆性に影響が生じる可能性があるため、使用されている素材と印刷手法に応じて一通りの提言をお客様に提供しています。

 

印刷や塗装などの二次加工で、できる限り最高の結果を確かなものとするため、私たちがどのようにしてサポートできるか、お問い合わせください。

詳細を見る

このサイトはクッキーを使用し、お客様のコンピューターに情報を保存しています。

詳細はこちら x