DSMエンジニアリングプラスチックス

ja_JP

溶接および接着

エンジニアリング・プラスチックで作られた新しい部品設計は、多くの場合、二次加工の工程を省略できるようにしたり、数を減らしたりすることを可能とします。

強力なつながりを保証する

接着や溶接などの二次的作業を通してお客様をサポート

エンジニアリング・プラスチックで作られた新しい部品設計は、多くの場合、二次加工の工程を省略できるようにしたり、数を減らしたりすることを可能とします。お客様の部品を製造する際に接着や溶接などの二次的作業が必要となる場合、安全で信頼性の高い最終製品となることを確かなものにするため、私たちは特定のグレードを提言します。

溶接は、プラスチック部品を永久的に接合する効果的な方法です。これは固体から液体への相変化(溶融または溶液中のいずれか)と、それに続く接合界面での凝固相の原則に基づくものです。私たちはお客様のニーズに応じて、異なる溶接技法に関する提言を提供し、できるだけ強力なウェルドラインを確かなものとします。溶接技法には様々なものがありますが、それらは摩擦溶接と、外部熱源を介した溶接という2つの主な種類に区別することができます。

接着は、永久的な接合によりプラスチック部品を組み立てる効果的な方法です。少ない重量と十分強力な接合により、クリーンで美しい接合部をもたらします。接着は、溶接した場合にはプラスチック素材が変形するような、熱の影響を受けやすいプラスチックに特にメリットがあります。溶剤接着、接着剤接合、または両面テープのいずれを使用するかにかかわらず、部品設計と選択された素材に基づいて、私たちは最良の接着に関する提言を提供します。

部品の生産における接着や溶接などの二次的作業を通して、私たちがどのようにしてお客様をサポートできるか、お問い合わせください。

詳細を見る

このサイトはクッキーを使用し、お客様のコンピューターに情報を保存しています。

詳細はこちら x