life’s DHA/DHA+EPA

DHA/EPA

life's シリーズ

life’sシリーズは、環境へ配慮しながら安定な供給を実現した微細藻類由来の植物性DHA・EPAです。

NASAの研究から誕生したlife’sシリーズの効果は
充実したサイエンスデータにより実証されており、高品質と安全性を担保しています。

魚以外の原料を由来とするlife's シリーズは、ベジタリアン、非魚アレルギー、Kosher、Halalに対応しています。

植物由来のオメガ3脂肪酸、life's シリーズ

オメガ3は、最も広く認知されている栄養素の一つで、目、心臓、脳の健康に役立つことがよく知られています。
それでは、1日250mgの推奨摂取量を摂取しているのが未だ世界人口の20%以下に過ぎないのはなぜでしょう?
障壁のうちの一つは、市場において植物由来DHAという選択肢がまだ少ないことかもしれません。ある消費者調査では、62%*の消費者が植物由来のオメガ3供給源を好むという結果が出ていますが、魚類由来と比べてまだ手に入りにくいのが現状です。*DSM consumer insights survey, 2019.

消費者は、ホリスティックヘルスと健康を維持するためのより良い方法を探しています。オメガ3は、免疫力、スポーツパフォーマンス、睡眠、ポジティブな気分など消費者がの関心が高い健康課題の解決をサポートし、世界の人々の健康維持に役立つさまざまなヘルスベネフィットを提供します。

life'sDHA®

life'sDHA®は藻類から抽出したドコサヘキサエン酸(DHA)、つまりオメガ3脂肪酸のベジタリアン栄養源で、ライフステージを通じて脳と目に重要な恩恵をもたらします。「魚がDHAを生産している」と信じている方が多い一方、実際は食物連鎖の中にいる藻類が生産しています。life'sDHA®は、DHAを豊富に含み、持続可能なオメガ3供給源から抽出されています。

life’s DHA+EPA®

life’s DHA+EPA® は、エイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)、つまりオメガ3脂肪酸のメリットを単一の高品質なソースで提供する、植物由来オメガ3です。

藻類由来のオメガ3脂肪酸を選んで、世界を変えましょう

近年、急激な需要の増加による魚の乱獲により海洋の生態系全体が崩壊し始めています。魚油由来のオメガ3脂肪酸は、乱獲の大きな原因の一つとなっています。

DSMのlife's™シリーズの原料は藻類であり、密閉された専用施設内で培養・抽出をしておりますので海洋生態系へ与える影響はございません。もし世界中のオメガ3原料が藻類由来に100%切り替えたとしたら、毎年2200万トンの魚が節約できることになります。

あらゆるライフステージに重要な栄養素 、オメガ3

妊娠期間中のDHAと授乳中のDHA

乳児の健康

妊娠期間中、DHAは胎児の脳・目および神経系の最適な発達をサポートし、脳が発達する妊娠後期では極めて重要です。

発達中の乳児はDHAを効率良く作ることができないため、お腹のなかでは胎盤を通して出生後は母乳から摂取する必要があります。妊娠期間中および授乳中にDHAサプリメントをとることで、胎児や乳児へのDHAの可用性レベルを高め、発達を促すことができる可能性があります。これには、

  • 視覚と手の協調
  • 運動神経能力
  • 注意持続時間

等が含まれます。

乳幼児の脳は、主として妊娠期間中や人生の最初の2年間を通じて成長します。ドコサヘキサエン酸(DHA)およびアラキドン酸(ARA)の摂取は脳の発達に役立つことが確認されています。乳幼児は、DHAとARAを食事によって摂取する必要があるため、適切な量のDHA/ARAを含んだ食事を与えることが極めて重要です。
 

母体の健康

妊娠前、妊娠期間中および出産後の母体への栄養は、胎児および乳児の発達のみならず、母体の健康においても重要な役割を果たします。妊娠期間中のDHAサプリメント投与は懐胎期間を長く保ったり、母親の精神状態を安定させたりすることをサポートします。

母乳には天然のDHAが含まれています。したがって、授乳中の女性が自らの健康と発育中の乳児の健康を維持するために、これらの重要な栄養素を含んだ食事を摂取することが重要です。

ほとんどの女性は食生活で十分なDHAを摂取していません。良く知られているDHAの供給源は脂肪分の多い魚です。幸いなことに、最近のDHAの食物給源についての意識の高まりや、特定の妊婦用製品および、栄養強化食品の出現によって、授乳中の女性にとって身近な存在になってきています。ある国立研究所主催のワークショップによると、妊娠中や授乳女性のための1日当たりDHA200mgの摂取が推奨されています。

妊娠期間中に最適なレベルのDHAを摂取した乳児に対する複数の研究で以下のことが確認されています: 

  • 精神運動発達の改善
  • 4才児での精神的処理スコアの向上

DHAとARAサプリメントを添加した調整乳を摂取した乳児に対する複数の研究で以下のことが確認されています:

  • 精神発達の改善
  • より良い視力
  • 中年期以降の心血管疾患の発症リスクを減らすと考えられる6才児での血圧の有意な低下

また、DHAとARAサプリメントを添加した調整乳を摂取した早産児は体重、身長および、頭囲の点で正常な成長を示し、視力と精神発達での改善が確認されています。

★ 妊産婦の健康研究
★ 乳児の健康研究

 

子供のためのDHA

DHAは年齢にかかわらず脳と目の発達と機能に重要ですが、生後2年間と幼児期においては特に欠かせないものです。生後5年間で人間の脳は全質量が約3.5倍増加します。この期間は適切な量のDHAを摂ることが推奨されています。

DHAは、子供に以下を含む多くの重要な健康上の利点をもたらします:

  • 正常な認知機能をサポート*
  • 脳と目の発達と機能をサポート*
  • PLOS-One誌 に発表された「ドコサヘキサエン酸(DHA)オックスフォード学習と行動(DOLAB)試験」では、国語で成績の悪い7~9才の児童に毎日DHA 600 mgを含む食事を与えました。結果として、国語の成績、記憶力および行動において継続的な改善の可能性が認められることが確認されました。

子供にDHAを与えることがなぜ重要か?

アメリカの子供たちの1日当たりの平均DHA摂取量は僅か30~50mgにすぎず、最適なレベルを下回っています。一般的に低年齢の小児は、天然のDHAを豊富に含む内臓系の肉や脂肪分の多い魚などを日常的に摂取していません。また、食品アレルギーによって食べられないというケースもあります。

毎日の食事でより多くのDHAを摂取することが低年齢の子供たちにプラスの影響があることがわかってきたことで、子供におけるDHAの重要性は徐々に認知されてきています。近年では、追加調整乳や特定の栄養強化食品(サプリメント)へのDHA強化により、すべての人がDHAを摂取しやすくなってきています。

 

成人のためのDHA

生まれた時から、ドコサヘキサエン酸(DHA)は発達中の脳や目の重要な構成要素です。DHAは生涯を通じて脳と目の機能をサポートし続けています。DHAは脳や目に含まれる主要な構造的および機能的脂肪であり、また、心臓と心血管系に含まれる組織の重要な構成要素でもあります。DHAは良好な心血管の健康維持のために米国心臓協会と米国農務省栄養ガイドラインが推奨するオメガ-3脂肪の一つです。オメガ-3と様々なヘルスベネフィットとの結びつきについては約3万の科学出版物において研究されており、最も研究されている栄養素の一つです。実際に、6ヶ月間900mgの藻類DHAが投与された被験者を対象としたある研究では、同等量のDHAサプリメントが健康な55才以上の成人の記憶力をサポートする*ことを示唆しています。

*軽度の記憶力低下を訴える健康な成人被験者を対象に6ヵ月間1日当たりDHA 900mgを投与した臨床試験に基づいています。

食事中のDHA

DHAの重要性に対する意識が高まるにつれて、日常の食事をDHAで補完する必要性があるという事実に目が向けられるようになってきました。通常のアメリカ人の食事には、世界中の専門機関によって推奨される摂取量を遥かに下回る1日当たり平均100mg未満のDHAしか含まれていません。食事によるDHAの摂取意識向上や、栄養強化食品やサプリメントへのDHAの強化がこの重要な栄養素を毎日の食事から摂取することを促進します。

規則1924/2006によりEU(EFSA)で承認されたオメガ3関連の健康強調表示のリスト

  • DHA と EPA は正常な血圧の維持に寄与する。
  • DHA と EPA は正常な血中トリグリセリド濃度の維持に寄与する。
  • DHA は正常な脳機能の維持に寄与する。
  • DHA は正常な血中トリグリセリド濃度の維持に寄与する。
  • DHA は正常な視力の維持に寄与する。
  • EPA と DHAは正常な心機能に寄与する。
  • ドコサヘキサエン酸(DHA)摂取は生後12ヵ月の乳児の正常な視力の発達に寄与する。
  • 母体のドコサヘキサエン酸(DHA)摂取は胎児と母乳を授乳中の乳児の脳の発達に寄与する。
  • 母体のドコサヘキサエン酸(DHA)摂取は胎児と母乳を授乳中の乳児の目の正常な発達に寄与する。

さらに詳しい情報はhttp://ec.europa.eu/nuhclaims/よりご確認いただけます。

更に詳しい情報はlife'sDHA公式サイトにてご確認いただけます