企業戦略 -  DSMの新たな中期戦略

企業戦略 -  DSMの新たな中期戦略

Growth & Value - Purpose led, Performance driven.
 
科学をベースとするグローバル企業 Royal DSM(以下「DSM」)は、2018年6月20日に英国ロンドンで開催する投資家向け説明会にて、”Growth & Value – Purpose led, Performance driven“と題した新たな中期戦略を発表しました。
  • 2015年-18年の中期戦略では、全ての目標を達成
  • 2018年5月8日に発表した2018年通期見通しを維持
  • DSMは、首尾一貫した目的主導型のビジネスによってオーガニック・グロースを追及し、栄養、健康、持続可能な暮らし(Nutrition, Health and Sustainable Living)を実現する企業となることを目指す
  • DSMは新たな成長目標、財務目標を設定
    • 売上に関して、市場の成長を上回るオーガニック・グロース
    • 調整後EBITDAについて、一桁台後半の成長
    • さらなるキャッシュ創出
    • 2018年について25%増配、また、長期的な収益力強化に伴う今後の増配
  • 主としてニュートリション領域における、価値創造につながる買収
×

DSM社CEO兼取締役会長(現、名誉会長)Feike Sijbesmaのコメント:

私たちの2015年~18年の戦略は大きな成功を残しました。2010〜15年にDSMの事業活動ポートフォリオを変更した後、私たちは経営成績と財務実績を大幅に向上させ、すべての事業分野で大きな価値を創出することによって、力強い成長を実現させました。さらに、非中核的な製薬およびバルク・ケミカルの合弁事業を収益化するための重要な手順を講じました。DSMは、人、地球、および利益の3つの観点から、すべてのステークホルダーのために価値を創造し、野心的に持続可能性への努力を続ける成長企業となりました。

DSMは、栄養、健康、持続可能な暮らしの分野で、科学をベースに目的主導型の企業となるため、さらに進化していきます。私たちは、栄養と健康、気候とエネルギー、資源と循環について革新的なソリューションを生み出すことで成長を遂げる力強い事業基盤を作り上げてきました。お客様中心の取り組みと大きなイノベーションプロジェクトの推進は、市場を上回る成長を可能にします。一方で私たちは、コスト管理や優れたオペレーションにも、引き続き注力していきます。これらによって私たちは、収益とキャッシュの創出をさらに加速させることができるのです。オーガニック・グロースは主としてニュートリション分野での買収によって補完されることとなります。

私は、私たちのこの戦略が全てのステークホルダーにたいして大きな価値を生み出していくこと、そして将来、増配がそれを裏付けてくれることを確信していま

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報