DSM、Aland社買収に向けて協議を開始 - ビタミンC事業を強化

DSM、2013年本決算を発表

DSM、Aland社買収に向けて協議を開始 - ビタミンC事業を強化

Tokyo, JP, 07 3 2014 07:00 CET

ライフサイエンスおよびマテリアルサイエンスのグローバル企業であるDSM社は、世界的なビタミンC製造 メーカーであるAland Nutraceutical Holding, Ltd.(中国江蘇省。以下、Aland社)の買収に  向けて、Aland社と協議を開始しました。

Aland社は、ビタミンやミネラルなどの微量栄養素を製造・販売するメーカーで、1990年に中国・江蘇省に設立されました。主力製品であるビタミンCの年間売上は約9000万USドル(2013年)に上ります。

DSMは、スコットランドのDalry市にビタミンCの生産拠点を持ち、既に同市場の約10%を担っていますが、Aland社を傘下に迎えてサステナビリティや環境などに配慮する経営文化と品質管理のノウハウを注入することで、ビタミンCの供給体制を増強し、同市場におけるポジショニングをより強固にすることができると期待しています。

この度の買収は、過去の買収と比較して規模が小さいものではありますが、健康食品やサプリメント、動物用  飼料、化粧品素材と幅広い分野を対象にビタミン全13種類を供給するDSMにとって、ビタミンの中で最も流通量が多いビタミンCの事業を強化することは、ビタミン市場全体におけるプレゼンスを強めることにつながることから、財政及び事業戦略の面で重要な位置づけになっています。

ビタミンC:

健康に欠かせない必須栄養素で、フルーツや野菜に多く含まれます。人間には体内で生成することができず、食事や  サプリメントによって摂取する必要があります。厚生労働省による推奨摂取量は100mg/1日です。ビタミンCの欠乏症には、壊血病の他に、免疫力の低下や骨そしょう症などが挙げられています。

<参考資料>

DSM – Bright Science. Brighter Living.TM

DSM社は、科学をベースとして健康、栄養、材料分野で活躍しているグローバル企業です。ライフサイエンスとマテリアルサイエンスにおける独自の技術を組み合わせることで、経済的繁栄、環境問題への取り組み、そして社会の発展を促進し、DSMと関わる全ての人々にとって持続可能な価値を創造します。また、DSMは食品や栄養補助食品、パーソナルケア、 飼料、医療機器、自動車、塗料、電気・電子機器、ライフプロテクション、代替エネルギー、バイオ素材などのグローバル  市場において、顧客企業の業績向上・維持に貢献できる革新的なソリューションを提供します。DSM社は、社員数は24,500名で、年間の純売上高はおよそ100億ユーロです。同社はNYSE Euronextに上場しております。詳細については www.dsm.com をご覧ください。

将来予測に基づく記述

本プレスリリースには、将来予測に基づく記述が含まれています。これらの記述はDSM経営陣による現時点での期待、推定、予測、 および現時点で当社が入手可能な情報に基づいています。これらの記述には、予測が困難な特定のリスクと不確実性が含まれること から、DSMはその予測の実現については保証しません。また、DSMは本プレスリリースに含まれる記述を更新する義務を負いません。

* 本リリースは2014年4月9日にDSM社から発表されたプレスリリースを抄訳したものです。

プレスリリース

                                                                                                                          

    お問い合わせ

    詳細について:

    ディー・エス・エム ジャパン株式会社
    大木
    +81 3 5472 1866
    Nahoko.Ohki@dsm.com >

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報