プレスリリース

フォード ブロンコで使用されているDSMエンジニアリングマテリアルズの再生海洋プラスチック、グローバルイノベーションアワードを受賞

2021年12月21日

DSMエンジニアリングマテリアルズは、フォード・モーター・カンパニー社、ヘラマンタイトン社、およびDSMが、the Society of Plastics Engineers(SPE)から、イノベーションアワードを受賞したことを発表しました。これは、再生海洋プラスチック「Akulon® RePurposed」が、フォード・ブロンコ・スポーツに採用されたことに伴うものです。また、フォード社の主要な車両プラットフォームに、初めて再生海洋プラスチックが採用された事例となります。

フォード社は、ブロンコ・スポーツ・モデルに海洋投棄されたプラスチックを原料とするワイヤーハーネスグリップ「ゴーストギア」を使用しています。ワイヤーハーネスクリップは、乗員からは見えませんが、ブロンコスポーツの2列目シートの側面に配置されており、車両の荷台に、動力を供給する電線をガイドするものです。フォード社のテストにおいて、Akulon® RePurposedは、塩水や日光に長時間さらされても、石油ベースのクリップと同程度の耐久性を証明しています。

Akulon® RePurposedは、インド洋とアラビア海で採集されたナイロン製の漁網を使用して作られています。漁網は徹底的に洗浄し、独自のプロセスによる処理を施しており、石油ベースのプラスチックに匹敵する性能を備えた強力なポリアミド6(PA6)エンジニアリング材料です。毎年、約1,300万トンのプラスチック廃棄物が世界の海洋に流れ込んでいます。廃棄物の多くは、テキサスの2倍、フランスの3倍の面積をカバーする太平洋ゴミベルトに最終的に集まります。廃棄された漁網はこのゴミの中でも占める割合が増えており、WWF(World Wildlife Federation)は、太平洋ゴミベルトの廃棄物の46%を占めると推定しています。DSMは、この課題に対処すべく、2018年にAkulon® RePurposed PA6を発売しました。

リサーチ部門バイスプレジデント兼ヘンリーフォードテクニカルフェローのJim Buczkowski氏は、次のように述べています。「今回のワイヤーハーネスクリップは、小さい部品ですが、これは、サステナビリティをリードするフォードの実例の一つで、今回のAkulon® RePurposedの採用は、循環型経済への取り組み例です。これらのクリップは小さいものですが、今後、再生海洋プラスチックの採用拡大に向けた重要な一歩です。」

DSMエンジニアリングマテリアルズ アメリカ担当のコマーシャルディレクター Lydia Swa氏は、次のように述べています。「海洋プラスチックのグローバルな課題を解決するには、業界全体がステップアップし、循環型経済を成長させるようなイノベーティブなソリューションが必要です。弊社、フォード社、およびヘラマンタイトン社の協業により、イノベーティブな再生海洋プラスチックの採用を実現できたことを非常に誇りに思います。海洋プラスチック廃棄物削減に向けて、さらなる協業の機会を探っていきたいと思います。」

今日、Akulon® RePurposedは、家具時計サーフボードなど、幅広い用途に使用されています。海洋プラスチック廃棄物の削減という課題に取り組むべく、より多くのお客様から弊社との協業に関してお問い合わせをいただいており、多くの用途開発を進めています。詳細については、こちらのウェブ(英語)を参照くださいwww.dsm.com/akulonrepurposed

DSMエンジニアリングマテリアルズは循環型経済を促進しており、科学に基づいた幅広いソリューションを開発してきた長い実績を誇ります。お客様の将来の製品戦略をサポートし、お客様のサーキュラリティとサステナビリティの課題解決やお客様のビジネスニーズに貢献していきます。具体的には、2030年までに、全製品群で、植物由来、またはリサイクルベースの代替品の開発および上市を進めており、主要な製品群においては、既にいくつかのグレードは上市しています。

 

DSMエンジニアリングマテリアルズについて

DSMエンジニアリングマテリアルズは、科学を活用して、人と動物のより良い健康、そしてより健全な地球を目指す、グローバルなパーパス(目的・使命)を事業戦略の礎とするRoyal DSMのビジネスグループです。DSMのパーパスは、現在そして未来世代の、すべての人々の暮らしをより豊かにすることです。DSMの製品とソリューションによって、顧客、従業員、株主、社会全体のすべてのステークホルダーに対して経済的・環境的・社会的な価値を創出しつつ、同時に世界が直面する重要な社会課題の解決に取り組んでいます。DSMおよび関連会社の年間の純売上高はおよそ100億ユーロで、社員数は約23,000名です。1902年に設立されたDSMは、Euronext Amsterdamに上場しています。詳細はwww.dsmjapan.comをご覧ください。

再生海洋プラスチックAkulon® RePurposed PA6が採用されたフォード・ブロンコ・スポーツ(2022年モデル)のワイヤーハーネスクリップ(写真:DSMエンジニアリングマテリアルズ:DSMPR530)

 

将来予測に関する記述

本プレスリリースには、DSMの将来の(財務的な)実績と状況に関して、予測に関する記述が含まれている場合があります。当該記述は、DSMの現時点での予想、推計、予測、および当社にとって現時点で入手可能な情報に基づいています。当該説明には予測困難な特定のリスクと不確実性が含まれるため、多くの要因により実際の業績と状況が当該説明と大きく異なるものになる場合がある点につきご留意ください。DSMは、本プレスリリースに記載された将来予測に関する記述について、法律により義務付けられる場合を除き、最新情報を提供する義務を負いません。。

* 本リリースは2021年12月8 日に DSM 社から発表されたプレスリリース「DSM Engineering Materials’ recycled ocean plastic used in Ford Bronco earns global Innovation Award」を抄訳したものです。本リリースの正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語が優先されます。

本リリースに関するお問い合わせ先

原田 愛 (Ai Harada)

DSM 株式会社
広報担当:原田
tel:03-5404-8336
email:ai.harada@dsm.com