Hy-D

Hy-D

Hy-D® - 生産性向上の鍵

DSMの代謝型ビタミンD3であるHy-D®は、家畜のより強い骨格と生産性向上への鍵となります。 すなわち、生産者にとって利益向上の近道となるのです。

家畜にとって、強い骨格は寿命や、生産性、福祉にとって大切なものであり、Hy-D®は、その強い骨格形成に効果的に働きかけます。

ビタミンD3は、頑丈な骨形成に不可欠です。 骨形成に必要なカルシウムやリンの吸収調整をビタミンD3が行っています。

 

D3との違い

食事を通してビタミンD3が与えられる場合、家畜が有効利用できる形になるまでに、二つのステップを踏む必要があります。その結果、ビタミンD3の有効量の減少を招き、また時間もかかってしまいます。

Hy-D®を飼料として与えることにより、これらステップの一つを省き、代謝型ビタミンD3である25OHD3を効果的にすばやく吸収し、家畜の骨強化、健康促進、生産性向上を図ることができます。

Hy-D®は、特に、鶏、豚の生産現場での利用は、D3のみを与えることでは得られない大きなメリットが得られます。

製剤化

Hy-D®は、DSMのパテント技術であるスプレードライ製剤として提供されます。 この形状は、配合の際の流れをスムーズにし、均一化に優れています。 またプレミックス中、あるいは90℃以下の一般的なペレット加工において安定性に優れています。

D3との違い

食事を通してビタミンD3が与えられる場合、家畜が有効利用できる形になるまでに、二つのステップを踏む必要があります。その結果、ビタミンD3の有効量の減少を招き、また時間もかかってしまいます。

Hy-D®を飼料として与えることにより、これらステップの一つを省き、代謝型ビタミンD3である25OHD3を効果的にすばやく吸収し、家畜の骨強化、健康促進、生産性向上を図ることができます。

Hy-D®は、特に、鶏、豚の生産現場での利用は、D3のみを与えることでは得られない大きなメリットが得られます。

製剤化

Hy-D®は、DSMのパテント技術であるスプレードライ製剤として提供されます。 この形状は、配合の際の流れをスムーズにし、均一化に優れています。 またプレミックス中、あるいは90℃以下の一般的なペレット加工において安定性に優れています。

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報