OVN : Optimum Vitamin Nutrition

DSMのOptimum Vitamin Nutrition(OVN™)は、動物の高い生産性と福祉、そして健康を同時に実現するためにきめ細かい調整を行いながらビタミンを届けるコンセプトです。

ビタミンの適正な添加は、動物の健康と生産成績の改善につながります。単純なことのようで、実はそれほど簡単なことではありません。

動物のビタミン要求量は多くの要因の影響を受けます。単一の供給量であらゆる状況に対応することはできません。ビタミンを効果的に補給するためには、次のような因子について考慮する必要があります。

  • 動物側の因子 – 例えば、動物の生産性など
  • ストレス因子 – 疾病、飼養面積の制限、温度、その他多数の因子が関与
  • ビタミンそのもの – 生体内利用効率、安定性、飼料原料の質など

最適化

ビタミンの添加は、ダイナミックなプロセスです。動物がストレス下にないときは最適量であっても、ストレス下では不足する場合があります。夏季の温度の上昇がよい例でしょう。

適正なバランスを達成することは困難ですが、そのバランスを維持することもまた大変です。これらの困難な課題に取り組むため、DSMでは、新しい研究が発表される度にその成果を取り入れ、数多くの科学者によって長い年月をかけてOVN™というコンセプトを開発してきました。

OVN™は、ビタミンの標準添加量を定めることで、動物が健康を維持しながら、その可能性を最大限に発揮するのに必要なビタミン量を確実に動物たちに届けます。

OVN™の原理は、鶏、豚、水産養殖魚および反すう動物などの主な家畜に世界中で適用されており、成功を収めています。

収益性のある畜産の核となる取組み、それがOVN™です。

 

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報